FC2ブログ

Welcome to my blog

島の風が恋しくなったら

西表島の風に乗せて カヌークラブぱいしぃず日々の記録帳

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 西表島 恒例!秋のウェルダネスファーストエイド

ウィルダネス エマージェンシー エイド(野外救命)  
溺水を医学的に考える勉強会        2016年 11/5 (NPO法人災害救護推進協議会JAEA主催)


今年も恒例の野外で行うウィルダネスファーストエイド講習会が西表島にて開催されました。
今回で4回目の参加ということで ヘルプスタッフ側としてリフレッシュ参加させていただきました!

本講習会の主な狙いは救急車をすぐに呼べない自然の中での傷病者対応です。心停止の予防を主な目的にし、
様々な症例対応を体験し応急手当に入る前の判断などを学ぶ講習会です。

西表島でのツアーはまさに救急車をすぐには呼べない環境であり
いざその時に対応するかもしれないガイドにとってはこうした体験を通して経験値を上げたり 同じ意識を持つガイドとの連携及び情報の共有をすることで判断力や現場で動きが変わってくると思われます。
DSCN6171.jpg
※ご安心ください。トマトジュースです。
 どれくらいの出血量が致死レベルか? を実際に判断しています。

屋内平面で行う心肺蘇生では見えてこない 野外での心肺蘇生の難しさを体感します。
14907095_813814932091715_2189398209788860119_n.jpg
また、人形ではなく実際の人を使っていろいろなことを試してみました。
導入部ではまずはチーム分けして様々な症例をこなしていきます。
14908269_813814695425072_8216311584912310013_n.jpg

今回で4回目の参加ですが ようやく少しづつ冷静に情報を引き出したり
過去の経験からヒントを引っ張り出したりできるようになってきたような気がします。

参加する度にガイドが多かったり医療関係者が多かったり参加者のバランスが違います。
その時々で仕入れるリアルな経験談やそれぞれの豊富な知識やアイデアがとても重要でありがたい機会です。
また次回の参加を楽しみにしています。講師、参加された皆さんありがとうございます。

2015年秋の講習会の様子はこちら
2014年秋の講習会の様子はこちら
2014年夏の講習会の様子はこちら

備忘録として
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。