FC2ブログ

Welcome to my blog

島の風が恋しくなったら

西表島の風に乗せて カヌークラブぱいしぃず日々の記録帳

 西表島 海猿のみなさんと洋上救助訓練~!




海上保安庁との合同水難救助訓練 2015/06/04

数年前よりダイビングだけでなく、カヌーも合同訓練となった 水難救助合同訓練。
今年はダイビング組合、シュノーケリング協議会、カヌー組合、カヤックガイド協会
上記4事業に携わるガイド総勢50名ほどが参加しました。

午前中は恒例の室内講義。今年は津波と天気図の基本に重点を置いていました。講師は石垣気象台の方。
DSCN2127.jpg
さらに今年は発煙筒のメーカーさんが来島されており
ダイバーマーカーをタダでお試しくださいという太っ腹イベントが!
DSCN2129.jpg DSCN2164.jpg
これ1本1万円以上するそうです。私も初めて使用しました。
化学反応で発煙させてるそうで一度点火したら何度水につけてもモクモクしていましたよ。時間は90秒。

我々の船よりだいぶ離れた洋上に疑似漂流者8名がいます。ほとんど肉眼では見えないのですが・・
1本だけこの発煙筒に着火してみると・・なるほど確かによく見えました!
DSCN2135.jpg
希望者は1本ずつ、みんなで発煙大会。派手にモクモクやっております。
これは陸上から訓練と知らずに見つけた人いたらびっくりしたでしょうね。
DSCN2167.jpg
ちなみに50m耐水なのだそうです。おもにダイバーが船から離れてしまった際の使用を想定されているものです。

ヘリコプターによるダウンウォッシュ体験の始まり。
DSCN2143.jpg
今日は穏やかな天気で波はありません。それでも漂流者達は船から見てこの視認性。
こうしてみると海上に漂流していてもほとんど見えない、発見は難しいのだなとつくづく感じます。
同時に小さなカヤックも遠くからの視認性は悪いんだなと改めて納得。

船上待機チームにもダウンウォッシュを間近で見せてくれました。
DSCN2152.jpg
続いて漂流者を船へ引き上げる練習。
DSCN2170.jpg
おもにダイビングやシュノーケリングボートの関連ではありますが
カヤックでも流用できそうな事もありましたし 何より動力船に救助される可能性もあるので大切な経験となりました。
DSCN2175.jpg
最後はチームごとに環状捜索。いつもはダイビングでする捜索でしたが今年はシュノーケリングでしたので全員参加OK。
1本のロープで円をかくように進みながら海中の捜索をします。

ロープに合図することで会話しなくとも 停まれ・前進・発見・戻れの合図が通ります。
カヤックでも時折使いますがハンドサイン、パドルサインなどこういったシグナルは
声をつかえない、声の届かない際非常に有効です。
緊急時以外にも何か工夫してカヤックガイド同志、ツアーで会話できたらおもしろいなと思います。
ゲームにしてもおもしろそう・・など訓練とはまた別ですが思う事がありました。

今回はカヌー関連の参加者がいつもより多かったように感じます。
業種やお店の垣根を越えて皆で集まり訓練するのは今後色々と役立ち お互いに大事なことだろうと感じました。
参加された皆さん 講師の皆さん この訓練に関連する全ての皆さんに感謝申し上げます。


★これまでの合同訓練の様子はこちらから★

2012年5月の合同訓練の様子
2011年5月の合同訓練の様子
2010年6月の合同訓練の様子
2007年3月の合同訓練の様子

備忘録として

tourphoto2.jpg
★参加日・お名前・感想などと一緒にメールください/画像サイトより招待状送付します★


西表島カヌークラブ ぱいしぃず |

↑ 西表島&旬なぱいしぃず情報はこちら

rank_01.gif海の魅力とシーカヤック - www.iriomote-pisces.com
探検 珊瑚礁の海を漕ぐ泳ぐ・西表島ならやっぱりカヤックの旅。全身で大自然を感じよう。

rank_03.gif冒険マングローブの川を旅する西表島 - www.iriomote-pisces.com/
秘境 西表島で亜熱帯の川とマングローブと密林の滝を目指すカヤックツアー
スポンサーサイト